meganememo:

1408749668396.jpg
sug1tar0:

(via anthropomorphization ass chikuma (kancolle) kantai collection nopan tsukasawa takamatsu | yande.re)
kininaruarekore:

1408980708992.png

ものかきとして、すべきことは2つしかない。

1つは、人に魔法をかけること。

もう1つは、人にかかった魔法を解くこと。

ものかきのおしごと - nagaimichikoの日記 (via mirupreza) (via skashu) (via tsupo)
2008-11-01 (via gkojay) (via canopus811)

なんか納得してしまった。

(via uessai-text)

(via fulore)

(via yasunao) (via shikiko)

(via matsu9ya) (via kaisuicentre) (via noboko) (via atorioum) (via vmconverter) (via nemoi) (via subdub) (via yellowblog, yellowblog) (via infinity-d, infinity-d) (via layer13, layer13) (via tmkj1, tmkj1) (via poochin, poochin) (via reretlet, reretlet)

「くの一サロン 忍者屋敷」(^ω^;)

ようするにピンクサロン、略してピンサロ。

このあまりにも突き抜けたセンスに衝撃を受けた私は
今夜の宿をとったあと、さっそく突入することに……。

店に入ると、痩せたお婆さんが出迎えてくれた。
入場料2000円手渡し、忍者屋敷の奥へと案内された…。

店内は薄暗く、雑然としており、申し訳程度の仕切りがあった。

そして至る所に昭和風味の広告、照明にもなる看板、置物、観葉植物。

もうとにかく、昭和の日本!!

まるでタイムスリップしたような気分に…。

ひとつのテーブルにつくと、飲み物を出され、
なぜか案内のお婆さんが対面に座った。

(なぜだ?なぜ座る…?)


疑問に思いつつも、お婆さんは「どこから来たの?」
「ひとり?」など質問してくるので反射的に答えていると、


20分くらいは過ぎただろうか、


お婆さんが、


(・´з`・)「どうする?○○○○円でサービスあるけど?」

Σ(゚Д゚;)「ええっ!?婆さんがっ!?」

(記憶は定かではないが確か6000円~8000円くらいだったように思う)

(・´з`・)「やだねェ、若い子だよ(笑)」


(´ε`;)「…そっか、良かった(ふぅ)」

数千円支払うと、お婆さんと入れ替わりに
肉感的なお姉さんが対面ではなく私の左に座った。


年の頃は40代前半から半ばくらいか…、

直前までお婆さんを見ていたせいか、ものすごく若くて美人見える。


これが忍法か!!お婆さんの忍法か!!

wideangle:

団地、フォント:一瞬、古代文明の暗号かと思った(笑)「公営住宅高砂団地」(群馬県高崎市)。「営」の下が「回」になってる!「砂」の詰め込み方もおもしろい。 (via https://twitter.com/roadexplorer/status/505992378142842880)

wideangle:

団地、フォント:一瞬、古代文明の暗号かと思った(笑)「公営住宅高砂団地」(群馬県高崎市)。「営」の下が「回」になってる!「砂」の詰め込み方もおもしろい。 (via https://twitter.com/roadexplorer/status/505992378142842880)

(via k32ru)

abaslev:

erect nipples heels miyoshino | yande.re
yousing:

(via  【二次・ZIP】夏の終わりに水着美女画像 part3 | キラ速)
yousing:

(via  【二次・ZIP】夏の終わりに水着美女画像 part3 | キラ速)

(Source: prittw, via k32ru)